花粉症(アレルギー性鼻炎)

花粉症の約8割を占めると言われているスギ。残りの2割はヒノキ、カモガヤ(イネ科)、ヨモギ(キク科)、ブタクサ(キク科)等ですが、ハウスダストやカビ、動物の毛などもアレルギーの原因です。血液中の特異的IgEを測定する検査(RAST検査、Viewアレルギー検査 等)で原因を特定すれば、アレルギー性鼻炎を予防することができます。当院でも検査を受け付けています。

スギ花粉症、ダニ(ハウスダスト)アレルギー性鼻炎の方には、舌下免疫療法を実施しています。
舌下免疫療法薬は、2014年にスギ、2015年にダニ(ハウスダスト)が 認可されており、院長は、この治療が出来る指定医師です。

※RAST検査は世界標準検査で、健康保険では一回の採血で13種類まで、任意の必要な項目を選び測定できます。View検査より感度が鋭敏で、一般的に行われているアレルギーの血液検査です。

※Viewアレルギー検査は、新しいアレルギーを検索する検査で、一回の採血で36項目の決められた項目を測定しますが、欠点は任意の項目を調べることが出来ないこと、RASTよりは多少感度は劣ることです。原因の予想が付かず、広く浅く調べる場合には有効な検査です。

図:主な花粉症原因植物の開花暦

スギ花粉症自己診断テスト 簡単な設問に答えるだけで花粉症になる可能性をチェックできます
  1. 花粉症以外のアレルギー疾患がある
    アトピー、喘息、じんましん、食物アレルギーなど。
  2. 家族にアレルギーの病気がある
    花粉症が遺伝するわけではないものの体質は遺伝傾向があります。
  3. ストレスのある生活(不規則な生活)をしている
    例えば受験生などは症状が悪化する傾向があります。
  4. 屋外での生活時間が長い
    花粉の暴露機会が多いため抗体が出来やすくなります。
  5. 花粉の多い地域に長年住んでいる、または住んでいたことがある
    花粉症の有症率と飛散量とは深い関係があります(全国的には山梨県、長野県、中部地方では静岡県、三重県、岐阜県などは花粉が多いです)。
  6. 空気の悪い道路沿いなどに住んでいる、または住んでいたことがある
    排気ガスは花粉症と関係があるのではないかと疑われています。
  7. 花粉量の多い年に遭遇してしまった
    飛散量が多い年は新しい花粉症の患者さんが増えるという報告があります。
  8. 機密性の高い住宅や、ほこりの多いところで仕事、生活をしている
    ダニやハウスダストアレルギーのある方は花粉症にもなりやすいという報告があります。
  9. 自分のスギの抗体価が正常より高い、または年々高くなっている
    抗体価が高いほど花粉症の発症率が高いです。
スギ花粉症 発症リスク 自己診断結果
  • 5項目以上あてはまる方:今年花粉症になる確率が高い
  • 3〜4項目あてはまる方:近い将来なる確率が高い
  • 1〜2項目あてはまる方:まだまだ大丈夫