睡眠時無呼吸症候群、睡眠時無呼吸低呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群 Sleep Apnea Syndrome は、睡眠時無呼吸低呼吸症候群 Sleep Apnea Hypopnea Syndrome とも言われ、SASまたはSAHSと略されます。睡眠時に呼吸が止まり、大きないびきを繰り返す病気です。潜在患者さんは人口の1〜2%と言われています。
夜中に息苦しくなったり、何度も目が覚めたり、起床時に頭痛やだるさが出る等の症状も見られます。高血圧、不整脈、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞等の循環器疾患、夜間突然死との関連も指摘されています。日中の眠気による交通事故、労働災害、仕事や学業の能率低下など極めて重大な社会問題を引き起こす病気です。チェルノブイリの原発事故、アラスカ沖のタンカー事故も居眠りが原因の一部と言われています。

SAS合併症
  • 高血圧症の発生が2倍
  • 冠動脈疾患の発生が3倍
  • 脳血管障害の発生が4倍
特に習慣性の強い
いびきがある場合
  • 心筋梗塞の発生が4倍
交通事故の発生率
  • 一般ドライバーの7倍の発生率があるといわれています。

検査方法

入院の必要ない、終夜睡眠ポリグラフィー検査を行っております。
使用機器も、素人の方でも家庭で簡単に検査することができます。
さらに、耳鼻咽喉科が得意としている、上気道の検査も可能です。

SAHSの自己診断テストESS
スクリーニング検査(LS-100、LS-120S)
リストバンドで腕に巻いて就寝します。ブルーのコードは、酸素濃度と脈拍のセンサー、透明のチューブがイビキ音と空気流量のセンサーです。透明のチューブは、各人、消毒済みのチューブをお渡しいたします。必要があれば、LS120Sでは、腹部に装着して体位の記録も行います。

※検査は健康保険の適応ですが、器械貸し出し時に保証金をお預かりすることがありますのでご了承ください。
器械ご返却時に保証金を返金いたします。

耳鼻咽喉科からのアプローチ

内視鏡写真:咽頭の空間が肥満により狭小化しており、原因の一部と思われる。
はなの病気(鼻中隔湾曲症、肥厚性鼻炎、副鼻腔炎、鼻茸、アレルギー性鼻炎)、のどの病気(扁桃肥大、アデノイド肥大、喉頭炎、喉頭腫瘍、声帯ポリープ)など、空気の流れを障害している病気の有無をチェックします。これらの病気が、いびきや無呼吸・低呼吸に影響している場合もあります。これは、耳鼻咽喉科が得意としている「睡眠時無呼吸症候群」へのアプローチです。

治療方法

世界中でSASに対して効果が立証されている治療法がCPAP [シーパップ] 療法(※)です。
鼻マスクを装着して、鼻から気道に空気を送り込みます。「無呼吸」「日中の眠気」「いびき」が改善され、快適な生活が送れるようになります。

※CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)

CPAP [シーパップ] 療法
CPAP療法は、基準を満たせば健康保険の適応となります。機械は、当院から貸与いたします。原則、月に一度は必ず受診してください。受診しない場合は保険適応が難しくなります。
マウスピース(スリープスプリント)による治療

CPAPが向かない方には、マウスピースによる治療方法もあります。CPAPを超える効果を期待する治療ではありませんが、中等症以下の方に効果が期待できます。
当院など医科の紹介で、専門の歯科・口腔外科に受診し、相談して頂きます。基準を満たせば健康保険の適応となります。なお、AHI(※)は少ないものの、「いびき」が大きい方に、「いびき治療」として使用する場合もあります、この場合は保険適応外となる場合もあります。
※AHI 無呼吸低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index):一時間当たりの無呼吸低呼吸の回数

治療効果

CPAPによる治療前

口鼻呼吸がなくなる(呼吸が停止する)と、酸素飽和度が急激に低下するのがよく判ります。最大75%まで落ちています。気管音とはイビキのことで、口鼻呼吸に一致してイビキが出てる様子がよくわかります。

画像:CPAPによる治療前の各種数値とグラフ

AHIは、83回とかなり多く、運転中の信号待ち、会議中でのうたた寝など、危険な状態でした。

画像:CPAPによる治療前の各種数値
CPAPによる治療後(2ヶ月後)

AHIも、治療前83回から4回に激減し、SpO2も95%を切る事がなくなり、治療効果が良好です。

画像:CPAPによる治療後(2ヶ月後)の各種数値とグラフ

AHIは、わずか4回となり、日中の傾眠傾向がなくなり仕事にも集中できるようになりました。

画像:CPAPによる治療後(2ヶ月後)の各種数値