医院案内

院長あいさつ

自分の家族を診るように、心を込めた治療を

1988年4月の開院当初より、最新の医療設備を整え、ハイレベルの治療を提供できるよう努力して参りました。学会活動や大学病院での診療を重ね、日々、新しい医療レベルの吸収と後進の指導を心がけております。
診察の際には自分の家族を診るように、心を込めた治療を目指しております。患者さんを私の家族と思うことで、最善の判断と診療が出来ると考えます。

松永クリニック

院長
松永 仁毅
副院長
松永 恭子

院長・副院長

院長・副院長 資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
  • 日本気管食道科学会認定専門医
  • 医学博士
  • 日本医師会生涯教育認定
  • 日本医師会ACLS(二次救命救急処置)研修修了
  • 愛知県医師会ACLS研修修了
  • 身体障害認定医(聴覚、音声言語、平衡、そしゃく、嚥下)
  • 名古屋市学校医(小学校、中学校)
  • 藤田医科大学 医学部 客員助教
  • 舌下免疫療法(スギ花粉舌下液 ・ダニ舌下錠)治療の 指定医師

活動関連学会

  • 日本医師会
  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日耳鼻免疫アレルギー学会
  • 日本気管食道科学会
  • 日本皮膚科学会
  • 日本心身医学会
  • 日本アレルギー学会
  • 小児耳鼻咽喉科学会
  • その他 各種研究会

院内設備

安全性・院内感染予防対策

新型コロナウィルス感染症予防対策のため、「アクセスコントロール&サーマルAIカメラ」を導入しました。
熱のある方、マスクをしていない方に警告を発します。

当院は、日本医師会、厚生労働省が
定める感染対策実施医療機関です。

医療機械の消毒設備

  • 高圧蒸気滅菌装置(オートクレープ)
  • 煮沸消毒器
  • 内視鏡自動洗浄装置
  • 各所にアルコール手指消毒スタンド設置

他の感染予防対策

  • パイピング(屋外にコンプレッサー設置)により、吸入などに使用する圧縮空気をクリーン化
  • コンプレッサータンクの内面の銀イオン塗布による抗菌処理
  • 隔離ルームでの別室での待機
  • 床に抗菌ワックスを使用

安全性対策

  • AED (Automated External Defibrillator) 自動体外式除細動器
  • 酸素ボンベ等の緊急処置セット

院内システムについて

松永クリニック 院内システムについて

電子カルテシステムを導入しています。さらにファイリングシステムの導入により、内視鏡、レントゲン、めまい、聴力といった院内で行われる全ての検査データを一元管理しています。電子カルテと連動して、過去のデータが全て閲覧できるため、スムーズな診療が行えます。
また、血液検査データ等は、オンラインで検査センターと繋がっているので、結果をすばやく得ることができます。

施設認定

  • 身体障害認定施設(聴覚、音声言語、平衡、そしゃく、嚥下)
  • 高度難聴指導管理施設
  • 大学教育関連施設

ページトップへ戻る